すろ~らいふ漫遊記



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング
 

PageTop

ハーブの効能

ハーブは好き嫌いがけっこうあると思うので嫌いなものを頑張って使うよりは、
自分が好きな香りのものを使えばいいと思いま~す。

だけど海外では治療薬として「医学のハーブ」として使うことも多いそうなので、
薬として使う場合は、嫌いなものでもちょっと我慢してもいいかもしれないですけどね。

イタリアンパセリ

ノドが痛い、咳が止まらない、胃腸の調子が悪い時
   マロウブルーティー(青色だけど、レモン汁を塗ったスプーンを入れるとピンク色になる)

風邪のひき始めに
   リンデンフラワー

風邪の予防に
   パセリ、イタリアンパセリ(苦みが少ないのでサラダなどに)

安眠できるので眠る前に飲むといい
   カモミールティ、カモミールミルクティ

ノドが痛い時やウイルスを殺菌したい時、口内炎を和らげる
   セージティー

イライラを落ち着かせる、興奮を落ち着かせる:
   レモンバームティー(沸騰した湯をちょっと冷ましてから淹れる)

脂肪が気になる時
   フェンネルを魚に添える、フェンネルの天ぷら、フェンネルの種のお茶
   ※沖縄ではいーちょーばー(胃腸葉)と呼ぶそうです。

口臭が気になる時
   フェンネルの種を食べる(ハッカ味)

物忘れが多い、集中力が足りない時
   ローズマリー

乗り物酔いを防ぐ
   ジンジャー(しょうが)

不眠症の治療薬
   バレリアン(馬糞のような臭いがするけどカモミールを混ぜると飲みやすくなるらしい)

花粉症の予防(今頃、12位月から飲むといい)
   ペパーミント(ミントポリフェノール)
   ※緑茶にペパーミントを2g混ぜたペパーミント緑茶もいいそうです。

疲れ気味の時、疲労回復に
   ハイビスカス(クエン酸が多いので天然のスポーツドリンクと呼ばれている)
   ※ハイビスカスティーは酸っぱいのでオレンジジュースと割ると飲みやすい。

人気ブログランキング
 

PageTop






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。