すろ~らいふ漫遊記



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング
 

PageTop

映画「風と共に去りぬ」

一覧はこちらへ → おすすめ映画の一覧

好きな映画のひとつ「風と共に去りぬ (1939年アメリカ)」

風と共に去りぬ [DVD]



マーガレット・ミッチェル原作の映画史上に残る名作。
  1861年アメリカ南北戦争直前のジョージア州タラ。
  情熱的な女性スカーレット(ヴィヴィアン・リー)が心に決めていたアシュレーの
  婚約が発表され、スカーレットが怒り悲しんでいるところへ南北戦争が勃発。
  激動のアメリカを舞台にスカーレットは強く激しく生きていく。

子どもの頃に観たときは、スカーレットなんか大嫌いと思ったし、
長編映画で退屈で、どちらかというと嫌いな映画という印象だった。

だけど、30代になってから観ると、ぐいぐい心の中に入ってきて、
意味もよくわかったし無駄なシーンもなく、4時間弱が短く感じられる。

スカーレットはとてもひどい女で、次から次にひどいことをして最悪な人間。
やっぱりスカーレットなんか大嫌い!なんだけど、スカーレットって凄い!

生きようとする力がすごい。
スカーレットを見てると、死にたいとか、うじうじ言ってる人の方こそが最悪な
人間に見えてくる。

何が起きても大丈夫な心を持つことが大切だと思った。
何かつらいことが起きた時、スカーレットを思い出そう。

そしてどんなにつらい状況になっても、メラニーのように優しい心を持ち続けたい。
スカーレットとメラニーの良い所を見習って生きていきたいなぁ。

人気ブログランキング
 

PageTop






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。