すろ~らいふ漫遊記



イタリア旅行

イタリアから帰ってきて日数が経ったけど、まだイタリア気分。

ずっとイタリアに憧れてて、実際に行ったらもっと好きになった。

イタリア旅行
ヴェネツィア:サン・マルコ広場の大鐘楼からの眺め

ツアーで行ったので睡眠時間の短さと、歩く速さについて行くのに必死で、
後半はもうヘトヘトで足もガクガクだったけど、それ以上の感動がありました。

今まで写真やテレビで見てたのとスケールがぜんぜん違って、
実物はすべてのものが大きくてすごい迫力。

イタリア旅行
ローマ:コロッセオ

治安がものすごく悪くてスリには気を付けるようにと色んな人から注意されてたので
貴重品は肌身離さず守り、危ないめにはまったく遭わずに済んでひと安心。

ホテルのシャワーのお湯が出ないとか、トイレの水が流れないとか、
カギがかからないとか、部屋に置いてた貴重品が盗まれるとか・・・・

悪い話をたくさん聞いてたから、とにかく無事に帰れてホッとしてます。

イタリア旅行
ピサ:斜塔

有名な都市もすべて素晴らしかったけど、バス移動の時の田舎の自然の風景も好き。

ヤギや牛や豚や馬が広~い緑の中で、のんびり暮らしてました。

カプリ島で飲んだプロセッコとリモンチェッロ、おいしかったぁ~

カプリ島では、入れる確率の低い「青の洞窟」にも入ることができてラッキー、
本当に青くて綺麗でした。

イタリア旅行
カプリ島:アナカプリ

添乗員さん付きツアーなので、イタリア語は挨拶程度で大丈夫でした。

ブォンジョールノ(こんにちは)、ブォナセーラ(こんばんは)、グラーツィエ(ありがとう)、
スクーズィ(すみません)、ペルファヴォーレ(お願いします)だけでいけた。

あと、一番重要なのは、笑顔。

次はヘトヘトにならないように体を鍛えて、いつかまたイタリアへ行きたいなぁ。

人気ブログランキング
 

PageTop

イタリアから帰国

イタリア旅行へ1週間ほど行ってまして、無事に帰ってきました。

ヴェネツィアのゴンドラ

写真はヴェネツィアのゴンドラからの眺めで、
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ大聖堂。

まだイタリア気分に浸ってます。

人気ブログランキング
 

PageTop

円をユーロに両替え

外貨両替をいつしようかと考えているうちに、円安がどんどん進んですごいことに。

旅行の申し込みをした3月上旬は、1ユーロ121円ぐらいだったのに今は127円。

4月中旬、131円まで行った時は、どうなることかとヒヤヒヤでした。

だけどよく考えてみるとそんなに大金を両替えするわけじゃないし、
数円動いたところでたいして変わらないからどうでもいいやって気になり両替えしました。

ユーロ紙幣

両替えを銀行でやるかどこでやるか悩んだけど、
一番お得感があったのが旅行を申し込んだ窓口だったのでそこで頼みました。

今日、イタリア大連立内閣が誕生したからどちらかに動くかも。さらに円安かな??

もし円高になったら、めっちゃ高値で両替えしてしまったことになるぅ~ えーん

申し込みから1週間ぐらいして、手元に届きました♪

ユーロ

新札なんだけど、なんか外国の匂いがする。

ユーロ紙幣は各国、表も裏も同じデザインだけど硬貨は違うんですね。 知らなかった~

硬貨の表は同じだけど、裏が国によって違うんですって。

硬貨の両替えはしてもらえなかったのでイタリアで硬貨のデザインを見るのが楽しみ。

人気ブログランキング
 

PageTop

パスポート

海外旅行の国によってパスポートの必要な残り期限が色々だけど、
イタリアは残り3ヶ月必要だったので、新しいパスポートをもらってきました。

古いパスポートには穴を空けてもらえたので、思い出として残しとける。

パスポート

青いのは5年旅券で、赤いのは10年旅券で、
「JAPAN PASSPORT」の下のマークは、ICチップ内蔵のマーク。

以前住んでた所はパスポートセンターが遠かったけど、
今住んでる所は市役所でもらえたので楽チンでした。

申請する場所は都道府県によって違うみたい ⇒ 都道府県別パスポートセンター

パスポート申請&受領に必要なもの(詳細は各HP見た方がいいですよ)
  ・申請書(申請窓口でもらえる)
  ・戸籍抄本または戸籍謄本
  ・写真(パスポ-ト用の条件を満たしたもの)
   ※海外で紛失したら再発行に写真が2枚いるらしいので3枚以上撮っておくと安心。
  ・本人を確認できるもの(運転免許証など)
  ・持ってる場合は前回発行のパスポート
  ・手数料(5年旅券は11,000円、10年旅券は16,000円)
   ※申請は代理人でも行けるけど、受け取りは本人が行かないともらえません。

人気ブログランキング
 

PageTop